赤レンガ倉庫の最寄り駅は4つ それぞれのアクセス方法と選び方

横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫の最寄り駅は4ヶ所、頑張って歩けば5ヶ所と言ってもいいでしょう。

赤レンガ倉庫まで歩ける最寄り駅は
・みなとみらい線馬車道駅
・みなとみらい線日本大通り駅
・みなとみらい線みなとみらい駅
・JR桜木町駅/市営地下鉄桜木町駅
・JR関内駅/市営地下鉄関内駅

です。

それぞれの駅からのアクセス方法に加えて、どの駅から行ったらいいのか分からない方には、駅の選び方も含めてご紹介します。

スポンサーリンク

横浜赤レンガ倉庫の最寄り駅

赤レンガ倉庫の目の前に到着するのは海からのアプローチになるシーバス(後述)がありますが、電車の駅の場合は少し歩く必要があります。

まずは、それぞれの駅からのアクセス方法をご紹介します。

みなとみらい線馬車道駅から赤レンガ倉庫

みなとみらい線の馬車道駅からは、万国橋を渡って赤レンガ倉庫へ行けます。

途中は万国橋以外は特に何もないので、最短ルートで赤レンガ倉庫に到着したい方には馬車道駅がおすすめです。

所要時間:徒歩約7分

横浜駅からの料金:180円(IC:同額)

みなとみらい線日本大通り駅から赤レンガ倉庫

続いて、みなとみらい線の日本大通り(にほんおおどおり)駅。

駅に到着したら、1番出口から出て交番の角を右に曲がったら道なりに「象の鼻パーク」の横を通って行くと赤レンガ倉庫に着きます。

急いで行きたい方には馬車道駅の方がいいと思いますが、せっかくなのでこちらの▼「象の鼻パーク」の中を横切るルートをおすすめします。

(地図上は遠回りしているようになっていますが斜めに歩いていけます。)

日本大通り駅の2番出口から出て、日本大通りを抜けて信号を渡ると「象の鼻パーク」に入ります。象の鼻パークを入っていくと左斜め前方に赤レンガ倉庫が見えてきます。

例年11月末から12月初めのイチョウの黄葉の季節なら、ちょっと遠回りしても日本大通りを通ることをおすすめします。こんな景色が見られます。

所要時間:徒歩約7分

横浜駅からの料金:210円(IC:同額)

みなとみらい線みなとみらい駅から赤レンガ倉庫

みなとみらい線でもう一駅、みなとみらい駅からも赤レンガ倉庫へは徒歩圏です。

みなとみらい駅からはクイーンズスクエアを抜け、コスモクロックを横に見ながらワールドポーターズを通り過ぎて行きます。

何通りもアクセス方法がありますので、一例となります。丸い歩道橋のサークルウォークはワールドポーターズの2階からもつながっています。

所要時間:徒歩約12分

横浜駅からの料金:180円(IC:同額)

赤レンガ倉庫だけが目的地なら、みなとみらい駅からは遠いですし、ちょっと分かりづらいのでおすすめはしません。

赤レンガ倉庫の他にも、クイーンズスクエアやよこはまコスモワールド、カップヌードルミュージアム横浜なども見ながら、最終的に赤レンガ倉庫に行きたい場合はみなとみらい駅がいいでしょう。

JR桜木町駅から赤レンガ倉庫

続いて、JRでのアクセス。JR桜木町駅からはちょっと距離はありますが徒歩圏内です。

左手にランドマークタワーを見ながら、季節が良くてお天気のいい日は気持ちよく歩けると思います。

所要時間:汽車道を通って徒歩約15分ほど

横浜駅からの料金:140円(IC:133円)

こちらが汽車道。
桜木町 汽車道

左側はテレビでよく見るザ・横浜的な景色が広がります。
みなとみらい

汽車道から桜木町駅方面を振り返るとこんな感じです。
横浜みなとみらい汽車道

横浜駅からの料金はみなとみらい線よりもJRの方が安いですし、ほぼ平坦な道なので歩くことが苦にならない方にはおすすめルートです。


スポンサーリンク

JR関内駅から赤レンガ倉庫

JR横浜駅から桜木町駅を通過して次の駅が関内(かんない)駅です。

横浜駅で前方に乗って、南口で降りればすぐに横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムが見えます。

横浜スタジアムのある横浜公園の中を通り、日本大通りに出て、象の鼻パークを抜けると赤レンガ倉庫に到着します。

このあたりを観光しながらなら、JR関内駅も選択肢のひとつになると思います。

4月の横浜公園には毎年チューリップが咲き誇ります。

ただ、目的地が赤レンガ倉庫だけの場合は、遠いのでオススメはしません。

2019年は横浜スタジアムの工事のため、タイミングによっては一部通りづらい区間があるかもしれませんのでご注意下さい。

所要時間:横浜公園~象の鼻パークを抜けて約20分

横浜駅からの料金:140円(IC:133円)

横浜駅から赤レンガ倉庫への海からのルート

赤レンガ倉庫でのイベントが目的で、時間的にも余裕があるなら、横浜駅東口ベイクォーターからシーバスを利用するのもありですね。

海側からみなとみらいエリアを見るのは、船に乗るのが一番。約20分間のプチクルージングです。

赤レンガ倉庫のすぐ裏手に到着するので、アプローチは最高です。

ちょっと料金が高いのと本数がそんなに多くはないので、シーバスを利用する場合は下調べをしておくと安心です。

シーバス時刻表

横浜駅からの料金:大人600円/子供300円

赤レンガ倉庫周辺、みなとみらいはドラマでみたことがあるという方も多いのではないでしょうか。象の鼻パークもよく出てきますね。

ドラマの代表的なロケ地はこちらでチェックできます。

赤レンガ倉庫 イベント

赤レンガ倉庫に行く前に基本情報を抑えておきましょう。

○赤レンガ倉庫の営業時間

◆1号館 10時~19時
2F、3Fはイベントにより異なります。

◆2号館 11時~20時
カフェ、レストランの営業時間は店舗により異なります。

イベント等の最新情報は、ツイッターやインスタで確認できます。

赤レンガ倉庫の公式Twitter

赤レンガ倉庫のInstagram公式アカウント

まとめ

赤レンガ倉庫に近い駅を利用したい場合は、馬車道駅がおすすめです。

また、出来るだけ安く行きたい方は、横浜駅からの料金はみなとみらい線よりもJR線の方が安いので、JR桜木町駅おすすめ。(市営地下鉄もありますが、高いです。)徒歩ルートも歩きやすいです。

そんなに歩きたくはないけど、ちょっと観光気分も味わいながら赤レンガ倉庫まで行きたい方は、日本大通り駅がいいですね。特に秋の黄葉の季節はおすすめ。クリスマスイベントが始まる11月末から12月初旬までは例年イチョウがきれいです。

赤レンガ倉庫以外に寄りたい場所が決まっている場合は、みなとみらい駅関内駅を選択肢に入れてもいいと思います。

出来るだけ歩かずに赤レンガ倉庫に到着したい方は、シーバスで。

スポンサーリンク