シャインマスカットの保存方法 常温・冷蔵・冷凍別の長持ちさせるコツ

おいしそうなシャインマスカット
ぶどうの中でも人気急上昇中なシャインマスカット、出来るだけ美味しさを保って保存したいですね。

シャインマスカットの常温、冷蔵、冷凍別に最適な保存方法をまとめてみました。

シャインマスカットの賞味期限の目安は、

  • 常温保存⇒2~3日
  • 冷蔵保存⇒3~5日
  • 冷凍保存⇒3~4週間

となります。それぞれの保存の仕方を具体的にご紹介します。

スポンサーリンク

シャインマスカットを保存する時の大切なポイント

まず、常温と冷蔵庫での保存の場合、大切なことは保存する時に先に

  • 皮をむかないこと!
  • 洗わないこと!

です。

シャインマスカットは皮ごと食べられる品種ですので皮をむく必要がありません。皮をむいてしまうとせっかくのシャインマスカットの果汁が出てしまうだけでなく、酸化し変色してしまいます。

皮をむかないのは常温と冷蔵庫保存だけでなく、冷凍保存する場合も同様です。

皮をむいて食べたい方は、食べる直前にむくようにしましょう。

冷凍保存後は皮がむきやすくなります。

先に洗ってはいけない理由

ぶどうのブルームが分かる写真
保存前に先に洗わないのは、新鮮なシャインマスカットの表面を覆う白っぽい粉(ブルーム)を落とさないためです。

ブルームと呼ばれる白い粉はシャインマスカットの実が分泌しているもので、皮の表面につく水分をはじいて実を守り、水分の蒸発を防ぐ役割を果たしています。新鮮さの証でもあります。

逆に言うとこのブルームがついていないものは既にあまり新鮮な状態ではないということになるので、保存せず早めに食べてしまうことをオススメします。

常温保存

新鮮なシャインマスカットは常温での保存も可能ですが、あまりオススメはしません。

常温での保存期間は2~3日が限度です。

ただ、保存方法としてはもっとも美味しさをキープできるので、すぐに食べてしまう量を保存するのであればありですね。

常温保存の方法は、洗わずに房ごとくしゃくしゃにした新聞紙やペーパータオル、紙の袋などで覆って湿度を保ちつつ、直射日光が当たらない冷暗所(温度・湿度が低い場所)へ。

また、茎の先端部分に濡らしたティッシュとラップを巻いておくと乾燥を防ぐことができます。

皮は傷つくと劣化しやすいので、傷つけないように気をつけて下さいね。

食べる直前に洗いましょう。

スポンサーリンク

冷蔵庫での保存

続いて冷蔵庫で保存する場合の保存期間は3~5日ほどになります。

保存方法はこちらも先には洗わずに

  • 一房のまま
  • 粒ごと

になります。

一房のまま

一房のままの場合は常温と同様に房ごと新聞紙やペーパータオルで包んだり、紙袋に入れたりして野菜室へ。

茎に濡れたティッシュとラップを巻くこともお忘れなく。

粒ごと

すぐに食べきってしまわない時は、粒ごとに保存すると実の水分が奪われることも防ぐことができるのでオススメです。

ただし、ハサミを使って必ず軸(枝)の部分を2~3mmほど残し、一粒ずつにしましょう。
一粒ずつに分けたシャインマスカット
実の付け根部分に穴があいてしまわないようにするのがポイントです。

一粒一粒にしたシャインマスカットはキッチンペーパーを敷いたタッパーやジップロックなどの保存袋に入れて野菜室へ。

数ミリ残した軸の部分がとなりのシャインマスカットの粒に当たらないように工夫して下さいね。食べる直前に洗いましょう。

一粒ずつにする時に失敗して軸の部分を上手く残せなかった時や状態がよくないものは、すぐに食べてしまいましょう。

【関連記事】シャインマスカットの一房と一粒の重さはこちら▼の記事で実際に量っています。

ぶどうの重さ シャインマスカット・巨峰・デラウェア・藤稔の一房と一粒を比較
シャインマスカット、巨峰、デラウェア、藤稔の4種類の一房と一粒ごとの重さを量ってみました。ブドウのカロリーと糖質も合わせてご紹介します。

冷凍と解凍方法

シャインマスカットは冷凍保存も可能です。

味自体はあまり変わらず甘みも感じられます。ただ、生と冷凍では食感が大きく異なります。

冷凍保存すると生のパリッとした食感はなくなり、香りも弱くなってしまいます。

その代わり、シャリシャリ感が出ますし、皮をむいて食べたい方には皮がむきやすくなります。

家庭用に冷凍庫での冷凍保存の場合は、2週間から長くても1ヶ月程度で食べきることをオススメします。

冷凍でも長く保存すると味が落ちていくので、美味しいうちに頂きましょう。

冷凍方法

シャインマスカットを冷凍保存する場合は、常温・冷蔵時と異なり、先に洗います

  • 冷蔵庫での保存と同様に、ハサミを使って軸を残し一粒ずつにする
  • 一粒一粒を水洗いする
  • 水分をしっかり拭き取る
  • 一粒一粒がくっつかないように冷凍用の袋やタッパー、ラップなどに包む
  • 冷凍庫に入れる

シャインマスカットは傷つきやすいので丁寧に扱いましょう。

解凍方法

冷凍したシャインマスカットの食べ方を4種類ご紹介します。解凍したシャインマスカットはできるだけ早く食べてしまいましょう。

また、一度解凍したものを再び冷凍保存することはおすすめしません。

  • 流水解凍
  • 冷凍庫から取り出して10秒ほど流水で解凍すると皮を手でつるんとむくことも簡単です。
    皮の部分だけが解凍され、冷凍シャインマスカットのシャリシャリ食感は残っています。

  • 自然解凍
  • お弁当に入れておけば、食べる頃には自然解凍されています。デザートに加えて、保冷剤的な役割も果たしてくれます。

  • 氷の代用
  • 冷たい状態で飲みたいドリンクに冷凍したシャインマスカットを入れて、氷のように使用することもできます。
    水のようには溶けないので、ドリンクの味が薄くならず、好みの感じに溶けた時に食べられます。

  • 解凍せずそのまま食べる
  • もはや解凍方法ではありませんが、そのまま丸ごと食べられますから軸の部分だけ取って口の中で溶かしながらシャーベットのように味わうこともできます。

シャインマスカットを冷凍すると変色する?

長期間(1ヶ月以上)冷凍保存するとシャインマスカットが変色することがあります。

また、冷凍後に解凍すると変色することもあるため、冷凍保存をするとしても2~3週間、冷凍庫から取り出したらなるべく早く食べることをオススメします。

スポンサーリンク

▼関連記事▼

シャインマスカットの安い時期 旬の相場とお得に買う方法
ここ数年人気上昇中のシャインマスカット。でもまだ百貨店だけでなくスーパーなどでも結構なお値段。価格が高い理由やどこで買うのがお得なのかをはじめ、食べ方、保存方法、栄養素までシャインマスカットについてご紹介します。

シャインマスカットの賞味期限

新鮮なシャインマスカットとどういう状態になったら食べない方がいいのか、賞味期限が切れてしまったシャインマスカットの見分け方をご紹介します。

新鮮なシャインマスカット

  1. 粒に張りがある
  2. 粒にブルーム(白い粉)がある
  3. 枝が緑色

新鮮なシャインマスカットは一粒一粒に張りがあり、ブルームがしっかりついています。

また、選ぶことができるのなら枝の部分が茶色くなってしまっているものよりも緑色のものを選びましょう。収穫から時間が経つにつれて緑色から茶色く細くなっていきます。

保存できる期間は保存する前の状態が新鮮なものでないと短くなってしまいます。長く楽しみたいのなら出来るだけ新鮮なシャインマスカットを選ぶ必要がありますね。

賞味期限切れのシャインマスカット

次のような状態になったシャインマスカットは劣化してしまっているので食べることは諦めた方がいいでしょう。

  • 変な臭いがする
  • 粒が柔らかい
  • 粒から果汁が出ている
  • カビが生えてしまっている
  • 酸味が強い

この他の点でも味や香りにいつもとは違う違和感を感じるものは食べない方が無難です。

さいごに

シャインマスカットの保存方法は、次の3つ。

  • 常温保存 :【2~3日】ペーパータオル等で包み湿度を保ちつつ冷暗所へ
  • 冷蔵保存 :【3~5日】 軸を残し一粒ごとに分け、冷蔵庫の野菜室へ
  • 冷凍保存 :【1ヶ月】 洗ってから一粒ごとに分け、冷凍庫へ


我が家では冷凍保存以外では、大抵の場合長期間保存する前になくなってしまいます。

美味しすぎて食べてしまうので…。冷蔵庫を開けた時に見える場所に置いておくと開けるたびに減っていってしまうのが悩みだったりします。

果物
スポンサーリンク
知りたい!