飛行機にぬいぐるみは持ち込みOK?注意することは?


飛行機って色々と持ち込みに制限があるので、ぬいぐるみを一緒に連れて行こうと思うと大丈夫かなとちょっと心配に。

結論から言うと、ぬいぐるみを国内線の機内に持ち込むこと自体は問題ありません

ただ、手荷物のサイズ・重量・個数の規定はありますので、特に大きいぬいぐるみを持ち込む場合は注意が必要です。

手荷物には、一緒に機内持ち込みする手荷物カウンターで預ける手荷物の2種類がありますので、それぞれ規定を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

飛行機にぬいぐるみは持ち込みOK?

大事なものなので、機内に一緒に連れて行きたいという方も多いのではないでしょうか。

まずは、飛行機の機内への持ち込みの場合の規定から確認していきましょう。

大きいぬいぐるみの機内持ち込み

国内線の飛行機に持ち込みが出来る荷物のサイズは、航空会社によって異なります。

参考までにJALとANAの機内持ち込みの重さ、サイズ、個数を調べてみました。規定はJALもANAも同じです。

JAL、ANA以外を利用される場合は、実際に利用する航空会社のホームページなどで確認して下さいね。

●総重量:10kg以内

●サイズ
・100席以上の場合:
3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)

・100席未満の場合:
3辺(縦・横・高さ)の和が100cm以内
(45cm×35cm×20cm以内)

●個数
身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)以外に1個

上記のサイズ以内の手荷物でも、客室内に収納できない場合は預かり手荷物となることもあり、その場合は貨物室に預けることになります。

また、機内持ち込みサイズを超える大きなぬいぐるみを機内に持ち込みたい場合は、特別旅客料金を支払って、別途座席を購入するという方法もあります。

特別旅客料金については、
JALの場合
ANAの場合
など、各航空会社のホームページ等でご確認下さい。

機内でぬいぐるみは膝の上でも大丈夫?

機内持ち込み出来るサイズの場合、ずっと膝の上に抱いていたいと言う方もいるかもしれませんが、離着陸時には座席上の棚か前座席の下に入れることになります。

小さめのぬいぐるみであればそのままで大丈夫なケースもあると思いますが、客室乗務員から収納するように言われた場合は、素直に従いましょう。

収納が必要かどうかは客室乗務員の判断になるので、このサイズなら大丈夫という明確なサイズはないと思っておいた方がいいでしょう。

水平飛行になれば、膝の上に抱っこしても問題ありません。

スポンサーリンク

空港の荷物検査はぬいぐるみのチェックもあり

空港の荷物検査では、手荷物もX線を通すことになります。

もちろん、ぬいぐるみの中に危険物や違法薬物などが入っていなければ問題ありません。

ワイヤー入りのぬいぐるみ

ワイヤー入りのぬいぐるみを飛行機に乗せる場合、金属だけど大丈夫?と思う方もいるかもしれませんが、凶器になるような金属ではないので、心配はいりません。

飛行機に乗る前に金属探知機でのチェックはあっても、金属製のものが全て持ち込めないわけではないので大丈夫です。

また、手荷物検査機にサイズを確認するゲージが装着してあり、大きさもチェックされます。

持ち込み可能サイズを超えるぬいぐるみは、保安検査場通過前にカウンターで預けましょう。

国内線 ぬいぐるみをスーツケースで持ち込み

カウンターでスーツケース等に入れて預ける荷物にもサイズ、重さの制限があります。

機内に持ち込む手荷物では大きすぎても、預け入れ荷物なら大丈夫な場合もありますね。

預け入れ荷物の規定は、JALとANAで微妙に異なるので、それぞれご紹介します。

他の航空会社もそれぞれ規定がありますので、大きいぬいぐるみを持ち運ぶ場合は搭乗する航空会社のホームページ等でご確認下さい。

預け入れ手荷物 JALの場合

●重量:20kgまで無料
ファーストクラスは45kgまで無料

●個数:制限なし

●サイズ
3辺(縦・横・高さ)50cm×60cm×120cm以内

預け入れ荷物 ANAの場合

●重量:20kgまで無料
プレミアムクラスは40kgまで無料

●個数:制限なし

●サイズ
3辺(縦・横・高さ)の合計が203cm以内
※搭載する航空機の貨物室に収納可能なものに限る

どちらも無料分を超える場合は、超過手荷物料金が掛かります。また、有料でも1個あたりの重量は32kgまで、ひとり合計100kgを超える場合は預けられません。

さいごに

ぬいぐるみは機内に一緒に持ち込んでも、預け入れ荷物としてもどちらも大丈夫です。

機内に持ち込めるサイズはJAL・ANAの場合、

・100席以上の場合
55cm×40cm×25cm以内

・100席未満の場合
45cm×35cm×20cm以内

です。

大きさにはそれぞれ航空会社の規定があるので、大きいぬいぐるみの移動の場合は搭乗する航空会社のホームページ等でよく確認して下さい。

サイズ的に預け入れ荷物でも大きすぎる場合は、ふとん圧縮袋のようなものを利用して小さくするなどの工夫が必要ですね。

機内持ち込みにするのか、預け入れ荷物にするのか、または留守番していてもらうのかは、国内線では少ないですが、預け入れ荷物の場合はロストバゲージの心配等もあるので慎重に検討してみて下さい。

スポンサーリンク