ホテルにパジャマはある?ない?旅の荷物は減らしたい!


旅行の荷物は極力減らしたいと思ったら、宿泊するホテルにあるものは持って行きたくないですよね。

国内旅行で宿泊するホテルにパジャマはあるのか、ないのか、持って行く人、持って行かない人のそれぞれの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

ホテルにパジャマはある?ない?

国内のホテルに宿泊する場合、パジャマ等の寝る時に着るものはあると思って大丈夫です。

部屋に準備されていることが多いと思いますが、フロントやロビーにあるものを部屋に持って行くところもあります。

ただ、寝る時に着るもの(寝間着やナイトウェア)という意味ではどこのホテルでもありますが、厳密に「パジャマ」があるというホテルは少ないようです。

どんな種類のナイトウェアがあるのでしょうか?

ホテルの寝間着はパジャマ・浴衣?

ホテルに用意されている寝間着(寝巻き)・ナイトウェアは様々です。

・浴衣タイプ
・作務衣タイプ
・ロングシャツタイプ
・ガウンタイプ
・パジャマタイプ

ホテル側としては、普段着ているようなパジャマだとより多くのサイズを揃えなければなりません。

また、洗濯してセッティングするのにも上下分かれていて手間が掛かることもあるのでしょう。採用しているところは少なめです。

サイズ設定が少なめで済む、浴衣タイプやロングシャツタイプの方が多いですね。

ただ、ホテルによってはパジャマもしくは浴衣など種類を選べるところもあります。

浴衣などいつも家では着ないものをあえて着ることで、旅行気分を味わうのもいいですね。

スポンサーリンク

ホテルにパジャマを持って行く理由

寝る時に着るものがあるので、パジャマを持って行かないという方は、荷物は少しでも減らしたい、寝るときは何も着ないという方が多いです。

あるのが分かっていれば、持っていく必要がないという方が多数派だと思いますが、持って行く派の方もいます。

その主な理由は、

・サイズが合わない
・浴衣が苦手
・浴衣だとはだけて寝る時に冷える
・浴衣だと何かあって逃げなきゃいけないとき困る
・パリパリな感じが苦手
・自分のパジャマじゃないと落ち着かない
・自分の気に入ったものでゆっくり寝たい

などなど。

浴衣が苦手な方も多いようです。浴衣以外は大丈夫なら、宿泊予定のホテルに用意されているものを事前にホームページなどでチェックしておくといいですね。

また、持って行く派の中には、寝間着としてと言うよりは、コンビニに行ける程度の予備の服、部屋でくつろぐ時に着る服として用意している方もいます。

ホテルのパジャマで廊下を歩くのはOK?

宿泊中にホテル内のランドリーコーナーや自販機までちょっと行きたいと言う時は、パジャマや部屋着のまま行きたいところ。

ですが、基本的には自室を出る場合は外へも出られるような服装で行きましょう。

実際はホテルの「格」によるところも大きいので、OKなところもありますが、部屋はプライベート空間、一歩廊下に出たら公共の場所と思っておいた方がいいですね。

部屋着でも自販機までなら大丈夫なところも、ひと目でパジャマとわかるようなものや男女ともに肌の露出が多いものは避けましょう。

さいごに

国内のホテルにはパジャマ等の寝る時に着るものは用意されています。

ですので、荷物を減らしたい場合はパジャマを持っていく必要はありません。

ただ、浴衣タイプは苦手だったり、好みが決まっているのなら着慣れたものを持って行く方が無難ですね。

Tシャツとハーフパンツ等ならそんなに大きな荷物ではありませんので、1泊でもより快適に過ごせる方を選ぶことをお勧めします。

スポンサーリンク