日曜日や祝日も郵便物の消印は押される?当日の消印を確実に押してもらう方法


締切が当日消印有効な郵便物で、まさに最後の日に出そうと思ったら大丈夫かなぁと不安になりますよね。

また、結婚式の招待状の消印を大安の日にしたい!という方もいらっしゃると思います。

土曜日・日曜日の週末や祝日でも消印は押してもらえますが、タイミングには要注意です。

確実に当日の消印を押してもらうための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

土曜日・日曜日・祝日(休日)も消印は押してもらえる?

配達はなくても、週末・休日の郵便の輸送や消印の業務は行われているので、消印を押してもらうことは可能です。

ポスト投函でも大丈夫?

ポスト投函なら、各ポストに書いてある最終取集予定時間の約1時間ほど前までには、投函した方が安心です。

休日と平日では取集時間や回数が異なることが多いですので、投函するポストにある表示をチェックしてみて下さい。

当日消印有効の最終日にポストに投函しても、回収が終わってしまっていれば翌日の消印になってしまいます。

確実にその日の消印を押してもらう方法

ポスト投函でも最終取集時間までにポストに入れた場合は、原則としてその日の消印となります。

ただし、100%の保証はないので、確実にその日の消印を押してもらいたい時には、ゆうゆう窓口に持っていきましょう。

そして、窓口で『今日の消印でお願いします。』と一言加えると安心ですね。

また、切手ではなく現金で支払い、証紙を貼ってもらっても日付が入るはずです。

24時間営業のゆうゆう窓口もありますが、深夜0時を超えてしまうと翌日の消印となってしまいますので、時間にはゆとりをもって行きましょう。

窓口で『明日の発送になりますけどよろしいですか?』と聞かれた場合は、『今日の消印までが有効なので、消印は今日でお願いできますか?』などと確認をしておくといいでしょう。

全国にゆうゆう窓口はありますが、営業時間はそれぞれ異なります。

平日、土曜日、日曜・休日で営業時間が異なることも多々ありますので、お近くのゆうゆう窓口の営業時間を確認してから行きましょう。

郵便局のサイトでゆうゆう窓口を調べる

平日や土曜日は20時までやっているゆうゆう窓口でも、日曜・休日は15時までというところもあります。

記録を残したい場合

大切な郵便物で、手元にも記録を残したい場合は「特定記録郵便」にする方法もあります。

以前は配達記録郵便と言っていましたが、今は特定記録郵便となりました。

特定記録郵便では、郵便物やゆうメールを差し出した記録として受領証がもらえます。

また、ネット上で配達状況の確認も出来、配達完了メール通知サービスの利用も可能です。

受取人の郵便受箱に配達するので、相手方の受領印の押印や署名はありませんが、不在でも受け取れ、投函された時に「配達完了」のデータを記録してくれます。

特定記録の料金は基本の料金に+160円となります。郵便局の窓口で『特定記録郵便でお願いします。』と言って差し出しましょう。

スポンサーリンク

消印はいつ押されるもの?

原則としてポスト投函の郵便物で、その日の最終回収時間に間に合った場合と窓口で引き受けた場合は、その日当日の消印が押されます。

通常は荷物を受付けた集配を担当している郵便局(本局)が消印を押します。

様々なタイプの消印がありますが、大抵の場合

・郵便局名
・日付 和暦〇〇年.月.日
・時間帯 (0-8 / 8-12 / 12-18 / 18-24)

が押されますね。
ただ、時間帯表示がない消印もあります。

投函したい郵便ポストの回収時間を知りたい場合は、こちらのサイトが便利です。

ポストマップ

ただ、取集時刻の情報は古いものもあります。

詳細情報を見ると取集時刻の更新日も記載されていますので、そちらも必ずチェックしておきましょう。

更新日が古い場合は、取集時刻が変更になっている可能性があります。お気をつけ下さい。

消印漏れの可能性

人間がやっていることなので、ミスで消印が押されていないということも、なくはないです。

荷物を受け付けた局で消印の押し忘れがあった場合、配達側の局で配達前に気付き消印を押すということもあるそう。

その場合には締切日ギリギリに投函したものだと間に合っていない可能性も…。

何があるかは分かりませんので、確実にその日の消印で郵便物を差し出したい時には、窓口で一言加えてお願いすることをお勧めします。

さいごに

当日消印有効の当日が週末や休日でその日に郵便物を出すのなら

・ゆうゆう窓口を利用する

・当日の消印になることを窓口で確認する

ことをお勧めします。

行く前にゆうゆう窓口の受付時間の確認もお忘れなく!

スポンサーリンク