サッカーユニフォームの背番号がはがれた時の補修方法と予防の仕方


どうしても洗濯回数の多いユニフォーム。特に背番号やマークの部分から傷んでくることはよくあります。

ユニフォームの背番号部分が剥がれてきた時の補修の仕方と出来るだけダメージを少なく洗濯する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

サッカーユニフォーム 背番号のはがれ補修

ひとくちにサッカーユニフォームと言っても素材も違えば、背番号の付き方も違います。

まずは、縫って補修出来るタイプのものであれば、縫うことが今後の強度を考えても一番おすすめです。

全体的にしっかり縫い付けることが難しければ、角を数回縫い合わせてみましょう。

四角形なら四隅を縫いとめます。

全体を縫うと縫い目の粗さが目立ってしまったりしますが、四隅を止めるだけならそんなに目立ちません。

また、糸の色もバッチリ合っていなくても、まつり縫いするよりも目立たなくてすみます。

丈夫さを優先するのであれば、縫うことをお勧めします。

ユニフォームの背番号修理 ~テープ/ボンドを使用~

縫うのがいいとは分かっていても苦手…という方には、アイロンの接着テープや手芸用のボンドを使う方法もあります。

手芸店などで扱っていると思いますが、こういうタイプのものですね。

★アイロン接着テープ

背番号の裏にはさんで、アイロンを掛ければ終了です。

ただ、強度的には縫ったものよりは落ち、洗濯するうちにまた剥がれてきてしまう可能性もあります。

また、背番号の剥がれ方によってはテープよりもボンドの方が便利かもしれません。

★手芸用ボンド

100円ショップなどで扱っているところもありますが、接着剤を選ぶ時には布用で、しかも洗濯可能なものを選びましょう。

また、剥がれるというよりは背番号がひび割れているという状態の場合は、補修するのは難しいと思います。

サッカーユニフォームの背番号にアイロンをかける時の注意点

アイロン接着テープを使用したり、背番号やマークなどが圧着タイプの場合で補修にアイロンを使う時は、直接アイロンが当たらないように気を付けましょう。

反対側からアイロンをかけるか、白い生地の当て布を使いましょう。

アイロンの設定温度は最も低温に設定し、剥がれた箇所に重ねた生地の上から2~3秒程度で様子を見て、くっついていない場合は少し温度を上げてみましょう。

その繰り返しで接着したら完了です。

柄ものの当て布だと柄が写り込んでしまうこともあり得ます。当て布には、不要な白い生地のものを使用しましょう。

また、剥がれ方や素材、劣化具合によっては上手く補修出来ないことも考えられます。

補修は全て自己責任となりますので、慎重に行って下さいね。

スポンサーリンク

サッカーユニフォームの洗濯方法

今回は補修出来たとしても、また洗濯機で洗っていると剥がれてしまうことも。

少しでも長持ちさせるためには、ユニフォームを洗濯機で洗う時は裏返してネットに入れ、柔軟剤なしで洗いましょう。

40℃以上の温水や乾燥機の使用も避けた方がいいですね。

洗濯機で洗うのが楽ですが、どうしても中で他の衣類とぶつかってしまいます。

可能であれば、汚れている部分を揉み洗いしてから、全体を洗う手洗いがおすすめです。

ただし、長時間水につけておくのは避けて下さいね。

干す時は裏返して、必ず日陰で干しましょう。太陽光もヒビや剥がれの原因になります。

ユニフォームの保管方法

他の衣類と同じように収納、保管してOKですが、たたんだ状態で保管する場合は背番号やマークの部分に折り目がつかないようにたたみましょう。

長い時間、背番号が折られた状態で保管すると、痕がついてしまいます。

また、高温になる車の中などに置いておくと、背番号の部分が剥がれたり、溶けてしまったり、歪んだりしてしまうこともありますので気を付けましょう。

さいごに

サッカーユニフォームの背番号がはがれてしまった時の補修方法としては、縫い付けるのが一番確実ですが、手芸用のボンドなどを利用する方法もあります。

洗濯機で洗うことも剥がれの原因になるので、出来るだけダメージの少ない方法で洗うようにして、少しでも長持ちさせられるよう工夫できるといいですね。

スポンサーリンク