玉ねぎ200gは何個分?100g/150g/300g/500gはどのくらい?

カットされた玉ねぎ
レシピの量の欄に玉ねぎ200グラムって書いてあっても、キッチンスケールが手元にないと量れません。

玉ねぎ200gが一体どれくらいの量なのかあらかじめ分かっていたら楽だなと思って、調べてみました。

レシピに出てきそうな玉ねぎ100g、150g、300g、500gについてもまとめています。

それぞれの量のカロリーと糖質についても調べています。

スポンサーリンク

玉ねぎ200gは大きめ中サイズ1個分

玉ねぎの大きさは横径の長さでサイズが決まるのですが、ざっくり大(L/2L)中(M)小(S)に分けると下記のようになります。

  • 小(S) : 横径6cm未満
  • 中(M) : 横径6~7cm未満
  • 大(L/2L) : 横径7cm以上/2Lは9cm以上

重さは、

  • 小(S) : 100~150g
  • 中(M) : 150~200g
  • 大(L/2L) : 200g以上、2Lサイズは300g以上

なので、玉ねぎ200gのサイズ別の目安は下記のようになります。

  • 小(S) : 小さめ2個分
  • 中(M) : 大きめ1個分
  • 大(L/2L) :Lサイズ1個弱、2Lサイズ2/3個

玉ねぎのカロリーと糖質

4個の玉ねぎ
まずは、生玉ねぎの100gあたりのカロリーと糖質を調べてみました。

文部科学省が公開している「食品成分データベース」で調べた可食部100gのあたりのカロリーと糖質がこちら。

カロリー : 33kcal
糖質 : 6.9g

糖質は炭水化物から食物繊維を引いて計算しました。

玉ねぎは状態によってカロリーも糖質も変わるそうなので、生、水でさらす、ゆでる、油で炒めたそれぞれの状態の時の100gあたりのカロリーと糖質を表にしました。

カロリー 糖質
生の玉ねぎ 33kcal 6.9g
水でさらした玉ねぎ 24kcal 4.6g
ゆでた玉ねぎ 30kcal 5.6g
油で炒めた玉ねぎ 100kcal 9.3g

油で炒めればカロリーも糖質も上がるのは想像できますが、水にさらしたり、ゆでると生よりもカロリーも糖質も下がることが分かりました。

上記の表は100gあたり、200gも下記のように表にまとめてみました。

カロリー 糖質
生の玉ねぎ 66kcal 13.8g
水でさらした玉ねぎ 48kcal 9.2g
ゆでた玉ねぎ 60kcal 11.2g
油で炒めた玉ねぎ 200kcal 18.6g

※カロリー等の数値は更新されることがあります。最新情報は食品成分データベースでご確認下さい。

スポンサーリンク

玉ねぎ100gは中サイズ半個ほど

玉ねぎ100g

  • 小(S) : 1玉
  • 中(M) : 1/2(半玉)
  • 大(L/2L) : Lサイズ半分弱、2Lサイズ1/3個

になります。

玉ねぎ150gは小ぶりな中サイズ1個分

玉ねぎ150gのサイズ別の目安量とカロリー&糖質はこちらになります。

  • 小(S) : 1.5個分
  • 中(M) : 小ぶり1個分
  • 大(L/2L) :Lサイズ半分強、2Lサイズ1/2個

カロリー : 50kcal
糖質 : 10.3g

玉ねぎ300gは大サイズ1個ちょっと

玉ねぎ300gのサイズ別の目安と生玉ねぎのカロリーと糖質はこちらになります。

  • 小(S) : 3個分
  • 中(M) : 小ぶり2個分
  • 大(L/2L) :Lサイズ1個強、2Lサイズ1個

カロリー : 99kcal
糖質 : 20.7g

スポンサーリンク

玉ねぎ500gは中サイズ3個分

サイズ別の玉ねぎ500gの目安とカロリー&糖質はこちら。

  • 小(S) : 5個分
  • 中(M) : 3個分
  • 大(L/2L) :Lサイズ2個、2Lサイズ1個半強

カロリー : 165kcal
糖質 : 34.5g

各量での水にさらした玉ねぎ、ゆでた玉ねぎ、油で炒めた玉ねぎのカロリーや糖質は文部科学省の「食品成分データベース」で調べることが出来ます。玉ねぎ以外の食品も水分やビタミン、脂肪酸など詳しいデータを知りたい時は便利なサイトです。

さいごに

玉ねぎは大きさに個体差があるので、個数は目安としてお考えください。

こぶりなMサイズを基準にして個数表示するとこちら。

  • 100g : 半分強
  • 150g : 1個
  • 200g : 1個強
  • 300g : 2個
  • 500g : 3個強

お菓子作りではキッチリ重さを計測した方がいいですが、普段の家庭料理であればそこまで厳密な量ではなくても何とかなるかなと思って作ってます。

キッチリ計りたい場合は、キッチンスケールを1つ購入しておくことをオススメします。

そうそう壊れるものではないですし場所も取らないし、電池交換だけで長持ちします。ちなみに我が家のキッチンスケールはドッグフードの量を日々計り続けて15年ものです。